top of page

これまでの歩み

​歌とカラオケの力で失語症を治す

発起人の一人である「倉谷嘉広」は、2022年3月9日に勤務先のデスクで突然、意識をなくしました。倒れた場所が職場であったために、早くに救急病院へ搬送されたものの、病名は「脳血管障害(左脳皮質下出血)」でした。1か月半近く自分の名前さえも分からない状態が続きました。その後、日が経つにつれ、少しづつ回復傾向にあるものの、逆に自分を少しづつ取り戻すと同時に、不自由な体と言葉の出にくい状況が現実のものとして、ショックの増す日々となりました。ただ、落ち込んでいても現状は変わらない、なんとか社会復帰をしたい!職場復帰を叶えたい!という思いが日増しに募りました。医療関係者の方々の支援、そして家族の支えがあって、懸命にリハビリ活動に励みました。特に「相手にはっきりとした言葉で物事を伝えたい」という強い思いから、歌うことが自分にとって、よりよい解決方法の一つであることを認識しました。自分なりに上手く歌えたことが自信に繋がり、明日への活力になると感じたのです。また、倉谷自身のリハビリ活動をSNSを通じて公開することを決めました。 

同じような障害で辛い思いを感じている仲間に、少しでも協力できるようになりたいという思いからFACEBOOKやYoutubeなどを通じて情報発信を行いました。すると少しずつ、周りの方々から応援を頂く機会も増え、そのことがきっかけで失語症のカラオケコンテストまで実施できることになりました。2022年7月31日にYoutube にてコンテストを開催、多くの方にご参加頂きました。このことが「言葉をつむぐ会」の発足の原点となりました。

 

当会の精神

チームワークが喜びを生み出す

言葉をつむぐ会は、失語症当事者が中心となって会を運営しています。しかしながらすべての問題を解決することは困難な場面に出くわします。そんな時に力を貸して頂ける仲間が周りにいます。 助けを借りながら目標に向かうことができることに喜びを感じながら、これからも、失語症の皆様とともに進んで参ります。

当会理事

私たちは失語症当事者であり、失語症の認知向上に繋がる啓蒙活動、及び失語症の方々が互いに励ましあいながら交流を深め、言葉の改善や意欲的な生活を目指せることを目的として、この会を立ち上げました。

会員

言葉をつむぐ会の理念に賛同し、協力を頂いている​会員様

bottom of page